健康的な生活をする為に、うつ病を治療しよう

ココロのこと、みんなで考えよう

自分もなるかもしれない

年々増加している心の病気があります。

その病気は「うつ病」です。うつ病は世界的に発症人口が増加しており、日本ではおよそ300万人〜500万人もの人がうつ病を発症していると言われています。 このうつ病は心の風邪と表現され、誰でも罹る可能性のある病気で、こじらせてしまったり治療をせずに放置したりすると他の病気を招いてしまったり、命に関わることもあるということから心の風邪と言われています。 それではうつ病について詳しく見ていきます。 まず、うつ病はどのような症状がおこるのかというと、憂うつ感、無気力、無感動、理由もなく悲しい、寂しい、不安、焦り、イライラ、集中力の低下、思考力の低下、何をしてもつまらない、見た目に気を使わなくなるなどが典型的な精神的症状です。

精神的症状だけではなく、身体にも症状があらわれます。

疲労感、倦怠感、睡眠障害、食欲不振、めまい、耳鳴り、味覚障害、体の痛み、下痢、便秘、胃部不快感、性欲減退などといった症状があらわれます。 このような症状があらわれたら早めに医療機関での診察が必要です。うつ病は心療内科や精神科、精神神経科などで治療をすることが出来ます。 うつ病は主に医師による問診で診断されます。 うつ病の治療方法は内服薬と休息と十分な睡眠になります。治療期間としては症状により異なりますが、早期発見早期治療が出来た場合には1ヶ月〜3ヶ月で症状が改善されるのが一般的です。 発見や治療が遅れた場合は、症状が改善するまで数年〜数十年かかる場合があります。 うつ病は焦らずに治療を続ける事が大切です。