健康的な生活をする為に、うつ病を治療しよう

ココロのこと、みんなで考えよう

理解が大事

気をつけなければならない点

現代社会において、ストレス社会の今、うつ病に悩む人が多くいます。そんな中で家族や友人の中にうつ病の治療を行っている人に対しての気をつけなければならないことについて説明します。まずは、頑張ってという言葉や何で会社休んでいるの、元気じゃないかといった叱咤激励は避けることです。会社に行けない自分を責めたり、もっと頑張らなければならないと気を使ってしまい、余計にうつになってしまうのです。また、気晴らしになると思って旅行など進める事も避けたほうが良いです。ゆっくりと静養できる環境を作ってあげることが大切です。また、薬を服用している場合は、治ったと自己判断してくすりをやめるようなことがないようにしっかりと薬を飲んでいるのかは、注意して見ておくことが大切です。

知っておくことで得られること

うつ病で大切なことは、早期発見し、早期に治療を行うことです。うつ病になっても無理して頑張ったりすることで、より重度のうつ病となり治療にかかる時間が余計にかかってくるのです。そうならないためにも、早期発見するためにうつ病のサインを知っておくことが大切です。サインとして、今まで趣味として楽しんでいたものが楽しむことができない、食欲がない、人と会って話すことが好きなのに人と話すのが嫌になった、人と話すのが疲れるといった変化がある場合は、注意が必要です。また、寝付けなかったり、夜中、何回も起きてしまうことも頻繁に起こるようだったら注意が必要です。そんなサインがある場合は、早めに心療内科など受診することが大切です。